モッツアレラチーズ2 佰弐拾

夏になり、仕事は体力的に大変になってきた。日中ののコンクリートの打設の時などは炎天下45度はいっていると思われる。インドじゃあるまいし。きつい長靴を履いてコンクリートの中を熱い息を吐きながらのたうち回るのは健康には悪かろう。僕はこの建設業界では素人扱いなので夏場になって、扇風機しかない3人部屋からエアコンのある2階の大部屋に移された。山中さんの話では北東建設は人助けの会社だと言っていた。大部屋では10人が修学旅行のように枕を並べて寝る。エアコンの他に部屋の中央に大型のテレビも設置されている。僕は千葉ちゃんの隣に枕を並べている。千葉ちゃんは岩手人で僕より何歳か年上で色白、男前の大男である。大部屋に移ってから千葉ちゃんと一緒に秋葉原に買い物に行った。秋葉原の電気店街でアイワのウォークマン型カセットレコーダーを買った。ラジカセで裁判所の森さんがファンだった中森明菜の「北ウイング」などが入っているベストヒット曲集のカセットを聞いている。今日は戸塚の現場に入ることになっている。僕は短期2週間満期で働いているので、長く続く決まった現場に続けて入るのではなく、体が空いている時など帳場の倉田さんに声をかけられて出向くタイプの働き方をしている。今日の戸塚の現場は植木さんの旗揚げで北東建設で人を集めて仕事をすることになっていた。建設するビルは女性のお仕事相談などの「女性センター」になるとのことである。土工からとび職になった原さんの運転するバンに乗って現場にに向かった。現場に着くと既に基礎のコンクリートの打設は済んでいる。午前中コンクリートを打った後に溜まった雨水を排水し、散乱しているゴミなどを片付けた。昼休みに入って原さんの隣で弁当を広げた。暑い日は、特にコンクリート打設の時などは食欲がない。土工のドカベンを腹に収めるのは戦いと言ってよい。飯を食わないととてもスタミナが持たないのである。飯を腹に収める時茶を飲みすぎると一層腹はくちくなる。この日は昨日雨が降ったためか涼しく食は進む。ドカベンの他にカップラーメンを平らげた。土工の仕事をし始めてもう半年になるが体は大きく色が白くなっているような気がする。午後に入って足場を組み立てる作業に入った。シートをかぶせて置いている足場材を運搬する。鉄パイプ、クランプ、筋交い、アンチなどの足場材である。バタ角をまず敷いて、その上に足場材を並べる。クランプは新しい土嚢袋に入れ替えた。足場を組み立てる際の土工の仕事はとび職の人が足場を組みたてれるように手伝うことである。鉄パイプをクランプで繋ぐ際に鉄パイプを抑えていたり、クランプの種類を選んで手渡したり、パイプとパイプの間に筋交いを入れたり、アンチを掛けたりという作業である。戸塚の現場は始まって間もないので工期はまだ十分で進捗に問題はなく定時で仕事は終わった。寮に帰ると6時近くですでに夕食の準備ができていた。今日のメインメニューは焼きそばである。寮の夕食のメインメニューでは焼きそばとカレーが子供には人気がある。鳶の中田さんの隣で食べている。中田さんが「おめー!焼きそば好きか?俺も好きだ!」とビールを飲みながら言った。食堂内では誰かが岡林信康の「金色のライオン」をラジカセでかけていた。「きょうのー♪♪仕事はつらかった♪♪後は焼酎を煽るだけ♪♪」。岡林信康は同志社大学神学部の出で、山谷で働いていたことがあると聞きました。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる