モッツアレラチーズ2 佰伍

栗の木にはもう青い実がついている。20代最後の年。ガスライトでのバイトは裏の仕事に回されてしまった。前の客とのトラブルが尾を引いている上にストレスでどうにも動きが悪いのが原因だろう。裏の仕事になって、朝少しゆっくりの出勤になっている。裏の仕事は主に洗い場だが鶏がらスープの鶏の内臓の掃除や汚水溜めの網の掃除などがある。今日は朝10時からコックと同じスタイルで洗い場に入った。学生時代、食堂の皿洗いの経験があるので洗い場での要領は分かる。洗い場は暇な時ストレスが多いのも分かっていた。今日は厨房の下準備の係の人に大きな炊飯器で炊けた飯の処理の仕方を習った。炊けた飯に十字の切れ込みを入れしゃもじで混ぜ返す。昼前から洗い場が込みだした。ウエイターやウエイトレスがひっきりなしに洗い場の前に皿を積み上げる。洗い場には湯と水が分けて張ってあるのでまず湯につけて大雑把に汚れを落とし水の方できれいに洗い、乾燥機に入れる。皿洗いもストレスが重なってくると忙しさで気分がヒートアップしてくるので、荒い感じで感じでガチャガチャ皿を洗っていると有澤さんが来て「急ぐんとがいにやるんとは違う!」と注意された。下準備をしている所谷さんは1本1本丁寧ににフォークやスプーンを拭いている僕を見て、「5、6本まとめて!」と注意した。どうも仕事の要領が良くないのだろう。午後客足が引き、洗い場も少し暇になって休憩をしていた。ウエイトレスで若くて美人の森田さんが休憩に来て、憑かれた感じで休んでいる僕に「ファイトを出さんかね!」と声をかけた。午後3時には仕事が終わった。家に帰ってくつろいでいるとカレンダーを見て、裁判所を辞めてからもう1年近く経つのに気が付いた。幸い経済的にはアルバイトで少し収入を得ているので親に負担をかけずに済んでいる。仕事に加えて昇華学会の組織活動が負担としてある。今日も壮年部の佐竹さんと一緒に洞が島1帯を回った。洞が島の男子部員は頑健な感じの若者が多い。佐竹さんは若者に「ギター弾かしちゃおき!」と機嫌を取りながら信心の話をしていた。活動が引けてから文殊塾のアルバイトに出かけた。今日は桝形教室だ。2階建ての一般家屋で、2階が教室になっていた。授業が始まる前に飢えた感じの小学生が2人入ってきた。2人は腹が減って動けないと言った。そこで僕は2人に銭を渡し、何か買ってきて食べるように言った。少しして、2人は紙袋に入った脂っこい感じの鶏足を買って帰ってきた。2人はがつがつと鶏足を食べていた。始業時間には小学生と中学生合わせて5人がいた。小中一緒で教科書の復習をすることになっている。2人の中3の女子の内の1人である窪添さんは僕に「先生は前の先生よりましで。前の先生はなんちゃーせんかったき!」と言っていた。どの生徒も難しそうな生徒が多く、まともに勉強する気はなさそうだった。小5の女の子黒岩さんは教えている最中に僕に向かって、じゃんけんを挑み、勝っては「せんせーはすぐわかる。ワンテンポ遅れるき!」と言った。桝形教室は1人で運営しなければならないので大変だ。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる