モッツアレラチーズ2 佰壱

床を上げて、カーテンを開け、空を見るとどんより曇っている。顔を洗って、お勤めを済まし、朝食は取らずに家を出た。ママチャリで30分、荒倉トンネルの手前、朝倉を通りかかった時タイヤの空気が抜ける感じが体に伝わった。自転車を止めて様子を見ると釘を拾って後輪が完全にパンクしていた。この地点から職場であるレストラン「現代」まで歩いて20分はかかる。自転車を突いて、職場に向かった。定刻をかなりすぎて「現代」に着いた。汗だくになりながら店長に事の次第を話すと、嬉しそうに「おもっしょい!」と言って自転車屋にパンクを直しに行けるように喫茶部の宮部さんに話をしてくれた。まだ客足も遠かったのですぐに宮部さんのカマロに自転車を乗せてもらって薫的神社の前の自転車屋にパンクを直してもらいに行くことになった。カマロは外車で確かアメリカのシボレー社のものだ。左ハンドルの大きい車に乗り込んで自転車屋に急いだ。15分ほどでパンクは直り、店に帰った。朝のうち、モーニングの時間帯は客も少なくローテに入っている人も少なかった。今日は日曜日なので昼前から忙しくなるのでローテに入る人も多い。10時から僕と石田君、山中さん姉妹、高知大学生のアルバイトの竹本さん、まっちゃんが動くことになっていた。もう勤めて1ヶ月過ぎているので少し慣れてきている。最初は1枚しか皿を持てなかったが、今では片手に2枚重ねて持てるようになっている。レシートに書き込む要領も、チョコレートパフェは「チパ」現代定食は「現定」と略して書けるようになった。しかし、相変わらず体調不良によるストレスに悩まされ、考え事をしていてお客さんが入って来たのに気づかなかったりすることも時々あった。今日も昼前から殺人的に忙しくなり満席状態が連続していた。山中さんの妹でアルバイトの高校生がこぼれた水に滑って転倒するほど忙しかった。僕は途中他のウエイターに邪魔にされるほど動きが悪かった。カウンターの角で立ちすくむようなことも多かった。自分はこの職場では長続きしないだろうという心をそぐような考えと戦いながらの時間を過ごした。この心情は涙なしには語れない。呆然自失状態で仕事は終わった。とぼとぼとママチャリを扱ぎながら自宅に帰った。家に帰りつくと4時半になっていた。5時前に昇華学会の男子部の部長である玉木さんが来た。洞が島の吉川さん宅に県男子部長の岡本さんが来ているので話を聞きに来ないかということであった。僕は職場でのショックから立ち直っていなかったのできっぱり断ることができず付いて行くことになった。岡本県男子部長は黒縁の眼鏡をかけた小太りで色白の小男で頭を七三に固めていた。岡本さんは僕の勤めなど現況を聞いて、「いつまでもボーイをしてる気はないやろう!」と言った。僕が同志社の法学部出なので司法試験でも狙っていると思われたのかもしれない。話が終わって家に帰った。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる