モッツアレラチーズ2 陸拾

桜は散ったが、ここ京都でも大分暖かくなってきた。同志社大学では入学式を終えて、オリエンテーションが行われている。今日は9:00過ぎに目が覚め、顔を洗いに洗面所に行く。ここの下宿は京都でも古い作りの家らしい。母屋から離れてくすんだトイレ、風呂があり、その前に石造りの洗面所兼炊事場がある。京都は冬底冷えがすると聞いているので、母屋から離れた、トイレや風呂に靴に履き替えていかなければならないと思えば難儀が予想された。洗顔を済まして、部屋に戻った。出かける前に腹ごしらえをしようと「岩倉スーパー」で買って来た、食パンにマーガリンとイチゴジャムを付けて食べ、オレンジジュースで胃の腑に流し込んだ。何を着ていこうかと、今出川通のジーンズショップで買ったラッパのジーンズと同志社生協で買った同志社のマークの入ったモスグリーンのトレーナーをビニールの衣装ケースから出して着替えた。通学経路は家から京福電鉄の岩倉駅まで10分ほど歩きそこから電車に乗って出町柳駅まで行き、ついで同志社まで20分以上歩く。同志社についてオリエンテーションガイドを見ながら履修科目の登録や受講場所や掲示板の確認、同好会などの説明の見学などをして学内を歩き回った。校舎は今出川校舎と新町校舎の2か所あった。1,2回生は教養科目の受講数が多いので新町校舎で受講する機会が多いということである。いろいろな授業の連絡事項は掲示板を使ってすることが多いらしい。校内で全くの独りぼっちなので事務室でいろいろ聞いてもなかなか大学生活の要領のイメージが付いてこない。不安に思いながらキャンパスを歩いていると詰襟の学生服の男に声を掛けられた。「応援団か!この男は」と思ったが、少林寺拳法部の人だった。「まあ!飯でも食おか!」と地下の食堂に連れていかれた。「Bランチでええか!」とその人は食券を買って僕を引き連れてテーブルに着いた。テーブルに着くと後2人の男が同席した。「かっこええでえ!少林寺は!」と少林寺拳法の話をした。少林寺拳法はいろいろは流派があって、主に不動禅少林寺拳法と金剛禅小林寺拳法があるという。明らかに禅宗と関りがあり、「これは!」と思った。昼飯を食ったなと確かめてから、少林寺の演舞の見学を勧められた。少林寺拳法の稽古場で演舞を見学した。演舞は僕に誘いをかけた人が行った。割とシャープな整った男らしい顔立ちの男はまるで器械体操のように道場を所狭しと突き、蹴りなどの型をまじえながら時にはバク転をしたりして最後猫足立で型を決めて演技を終わった。「どや!かっこええやろ!やってみいひんか!」と真新しい道着を手渡された。道着に着替えて、前でデモンストレーションしている人がやっている通りに突きや蹴りをやった。「自分なかなかええ肋してんな!」と入部の勧誘をされた。僕は体育クラブなら剣道部に入るが、同志社の剣道部はなかなかの強豪なので浪人生活でブランクのある僕は付いて行くのが難しいだろうと思っていた。男は「この道着は君のものだ!」と道着を渡そうとした。だが禅宗と関りのある少林寺拳法をやる気持ちはなかったので道着を返して堅く断った。少林寺の道場出て、キャンパスに戻った。烏丸今出川の交差点の同志社の西向にある「元文堂」で履修登録をした英語などの科目の関連書籍を見た。元文堂には教養科目の英語の教科書の汚い字で書いた手作りの訳本などが置いてあった。こんなものを使うのかと思いながら狭い店内をうろうろした。元文堂を出て、新町校舎から今出川通に出た所で見つけたパチンコ屋に入ろうと思ったが疲れていたので下宿に帰ることにした。帰り出町柳駅の前の売店で瓶に入ったミルクセーキという得体のしれない飲み物を飲んだ。孤独な大学生活はこのようにして始まっている。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる