モッツアレラチーズ2 肆拾

若葉の季節がやってきた。栗の木にはちゅんちゅんと雀が鳴いている。朝自転車で登校するわずかなひと時も緑で包まれるような気分である。西門近くにある駐輪場から校舎に入って、階段を上がり2年2ホームの教室に着いた。自分の席に着こうとすると島岡君が僕の前に竹刀を構えて、立ちはだかった。一見、島岡君の竹刀の柄を握る手の間隔が空きすぎていたので1歩踏み込んで空いている柄の間に手を伸ばし握った。島岡君は竹刀を動かすことができず、「む・む・む・む・・・・できるウ!」と言って椅子に蹲った。島岡君は漫画「男組」に出てくる神竜剛次のファンなので時々こういう冗談を人に仕掛けている。1時間目は担任の岡林先生の数ⅡB。三角関数の加法定理のところをやっている。岡林先生は加法定理の覚え方のコツを教えてくれた。「サイタ、サイタ、サイタ、コスモス」「サイタ、サカナイ、コスモス、サイタ」「コスわよ!コスわよ!明日コス」、コス」「コスわよ!͡コサない!バーサン、シンだ!」と覚えなさい。あまりの泥臭さに「えーかや!この先生は!」と思い、不信で心の中が一杯になった。しかし、なんとこの覚え方で実際に問題を解いてみるとスラスラ解けるは、解けるは。数学はセンスもないのにあまりきれいな解き方にこだわるのも点数に結びつかないのかもしれない。2時間目の体育の時間は苦手のマラソンだった。僕はマラソンを別名「まるそん」と言って嫌っていた。息は切れるし、乳酸のため体が重くなり、動かなくなる不快感が堪らないからである。その日は1500メートルほどはありそうな追手前高校の外周を2周するということで30人ほどの生徒が一斉に南の正門からスタートした。表通りを走るので車の排気ガスを十分吸い込みながら走った。2周目は予想通り周回遅れになった。前をふくらはぎの太い吉村君が走っていた。僕は吉村君を抜けると思って後ろからついて行った。なぜかというと吉村君はふくらはぎに乳酸がたまりやすいと思ったからである。やがて足が重くなって落ちてくる。案の定僕は後500mという所でスピードの落ちた吉村君を交わした。更に前を走っていた西村君と並んだ。もうゴールまで200~300mしかなかったし、前にはもう人がいなかったので並走してもよかった。順位を争うほどの位置ではないからである。しかし、日頃西村君とは互いの体力を認め合ってはいなかった。僕がスピードを増して前に行くと、西村君は歯を食いしばって附いて来た。僕も負けまいと走ったので、二人とも全力疾走で河野先生の待つゴールへ傾れ込んだ。膝に手をついて「はあ・はあ・はあ」と二人とも息せき切った。河野先生は「無理せられんでえ!」と呆れた様子で周回遅れのデッドヒートを労った。授業が終わって、剣道部の部活のため部室に向かう。ガラガラと引き戸を引くと、壁に「県大会ベスト8進出おめでとう!」の花飾りの付いた張り紙が目に入った。5月末の県体は僕が勝っていたらベスト4に進出できたのにという気持ちの悪いものが心の隙間に入り込んできた。県体育大会で僕は補欠で県民体育館に来ていた。出場選手は1年の春市を除いて7人は2,3年生である。僕は時々中堅で起用されていた。3回戦、土佐高戦に勝ってベスト8進出が決まり、小津高との準々決勝が決まっていた。小津高は強豪なので勝っても3-2でぎりぎりである。ところが主将で大将の樋口さんが「はらいた」で急に出場できなくなり、監督の西野先生が「浦成!お前いきや!」と僕に告げた。「ぎょえー!」と僕は声を出してしまった。言われた瞬間「そんな殺生な!」と心臓が喉からせり出しそうになるのを堪えてガタガタと振るえる膝を押さえた。小津戦では西田と桃井さんが勝ったがあとは負け、2-2で予想通り大将戦に縺れ込んだ。小津の大将は樽井、180㎝はあろうかという巨漢である。樽井の上段は男谷清一郎の「刃隠しの剣」ばりに竹刀の先が見えないほど振りかぶっている。竹刀がどこらか出てくるかわかりづらい。一番狙いやすいのは突きだと思った。出てくるところを突こうと考えた瞬間、面横に樽井の竹刀が当たった。審判が旗を交差しながら横に振っている。「決まらなかったか!」と思いながら喉からせり出しそうになる心臓を元に収めた。胴ががら空きなので1歩踏み込んで胴を取りにいった。樽井は引きながら小手を抑えに来た。思いもよらぬ角度から竹刀が出てきて「パーン」「小手あり!1本!」と審判が旗を上げた。右手がしびれるほどの上段からの打撃だった。この後逃げ回り、とても隙を伺う余裕もなく結局時間切れになり、1-0で負けた。こうして僕の勝負弱さのため追手前は2-3で小津に敗れベスト4進出はならなかったのである。おめでとう!の張り紙の花飾りを撫でながら自身の労をねぎらい、剣道着に着替えた。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる