モッツアレラチーズ2 参拾壱

6月に入ってもうそろそろ梅雨時か。今日は快晴で朝から1年生のソフトボールのクラスマッチが行われている。グラウンドにプレー区画を東、西と2面取って2試合ずつ行っている。我が1年9ホームはグラウンドの西北角にある野球部のバックネットのところから開ける1面で試合を行う。もう1面はグラウンドの東北角の体育館前から開ける1面である。第1試合の対戦相手は1年1ホームであった。試合前適当にスタメンを決め、先攻の打撃に入った。1番、ショートストップ浦成君とアナウンスされてからバッターボックスに立った。1ホームのピッチャーは「たこちゅう」とあだ名される高尾だった。1球、2球とたこちゅうの投球を見た。たこちゅうはソフトボール部だと聞いていたので「如何ほど速いか」と球筋をみたが、「スパン」とキャッチャーミットは鈍い音を立て、わりかし遅かった。ノースリーから4球目はど真ん中の打ちごろの球だった。立てて構えたバットを思い切り振るとバットは球を真っ芯で捉えた。打球はライナーでセンターをオーバーし転がった。1塁、2塁、3塁を回ろうとしたとき返球がキャッチに帰ってきた。やりました3塁打。塁上で派手なガッツポーズをしベンチの方を見ると応援の女子生徒が恥ずかしそうに顔を背けていた。結局この回9ホームは長短打を集めて3点を入れた。1回の裏の守備についた。僕は何となく経験からショートストップを守ることになった。ピッチャーにはソフトの経験がある和田君がついた。僕は花形であるピッチャーをやりたかったが、和田君の投球を見た。「スパパパーン」100キロは出ていよう球がキャッチの田内のミットに吸い込まれた。「ソフトのプロか!和田は」。この投球を見て、僕はこの試合9ホームの勝利を確信した。「ショートストップ浦成君」の守備スタメンのアナウンスがあって、ファーストの今井が転がしたゴロを軽快に捌き、アンダースローで1塁に送球した。守備についてツーアウトからぼてぼてのごろが転がってきた。テレビで見るプロ野球の選手のゴロ処理をイメージして、バウンドに合わせて球をグラブに収め軽快なフットワークで2ステップ、アンダースローで1塁アウトにした。試合は5回でコールドゲームになった。結局和田君は1ホームを完封し、9ホームの打線もコンスタントにたこちゅうを打って8点取った。クラスマッチの対戦は進んで昼休みの休憩となった。9ホームは投手和田の好投でベスト4に進んでいた。昼休み田内と話しながら共に弁当を食べていた。僕は海苔弁当、田内は肉弁当である。弁当を食べている最中に補導の先生から僕と田内に話があるとの伝言が入った。田内と2人で1階にある相談室に入った。補導の先生は「停学にせんといかんろうか!」とこめかみに血管を浮かべて話を切り出した。田内の原付バイクに乗せてもらって2人乗りをしているところをパトカーに抑えられて道路交通法違反で切符を切られた件だった。「なんで学校に!」と僕はその時のことを振り返った。田内は1週間ほど前通学用にホンダのCB50を買った。「かっこえいぞ!見にこいや!」と言われて土佐市にある田内の家までバスに乗って行った。田内の家の部屋に入って、田内は大根の煮しめを食べながら、バイクの説明書やらキーなどを僕に見せびらかした。田内が大根の煮しめを食べている間、僕は書棚などを見ていると昇華学会会長:武田倍咲著の「小説 人格革命」が1巻からズラリ23巻まで揃っていた。「昇華学会か!田内の家は」と心に小さな驚きをもって眺めた。しかし、昇華学会は世間的に評判が悪いところもあるので僕はこの発見を口には出さなかった。庭に出てCB50を試運転することになった。バイクからビニールシートをのけて跨り、エンジンをかけるためにキックした。エンジンがかかって、田内はクラッチを繋げたがスロットルを全開にしていたので「ばうん!」と前輪が上がってから田内を乗せたバイクは横倒しになった。気を取り直してもう一度エンジンをかけると今度はうまくいき、田内は家を出て家の前の国道56号線を走り、試運転をした。帰り、バスで帰ろうとすると田内が声をかけた。「帰りCBに乗せて帰っちゃおか!」。「けんど違反やき、警察に捕まるろう!」と僕は答えた。「なんちゃーない!なんちゃーない!この辺は人も通りやーせんき!」ということで。田内と原付2人乗りで家路を急いだ。田内の言った通り辺りには人っ子一人いなかった。軽快にCBを走らせ200メールも行ったろうという所で「すうー」とCBの横にパトカーが付いた。「なんでこんなところにパトカーが!」と思う間もなく、「そこのバイク左によって止まりなさい!」と拡声器で言われCBは止まり、パトカーが前に回って止まった。補導の先生は「もう2度としなよ!したら今度は停学やき!」。田内と2人、神妙な顔をして相談室を出て教室に帰って、食べかけの弁当を食べた。午後に入って1年9ホームは準決勝から決勝に進んだが、頼みの和田が1点取られ、9ホームは和田に劣らぬ速球を投げる相手投手に完封され、1-0で準優勝に終わった。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる