モッツアレラチーズ2 拾

正月休みに入り年が明けて、6日から学校が始まる。一階の居間兼食堂で家族4人で朝食をとった。一階の居間兼食堂は約10畳ほどで炊事場との間をアコーデオンカーテンで仕切っている。洋間で冬場以外はダイニングテーブルを置いてあるのだが、冬場は絨毯を敷いておこたを出してくる。朝食は母の得意な卵焼きと塩じゃけの焼き魚のおかずと茄子の味噌汁をご飯にかけて食べた。味噌汁をご飯にかけると異様なほど早く食べられる。消化に悪いが、ご飯を食べるのに時間がかからないのである。「早飯・早糞 武士の嗜み」と米津先生が武士の戦場での心得を教えてくれた。後れを取るなということである。常に戦場にいるという剣道部ではこの心得は重要かもしれないと思った。午後は弟と一緒に帯屋町のアーケード内にある映画館の東宝に「チキチキ・バンバン」を見に行った。この映画はチキチキ・バンバンというテーマミュージックをはじめ楽しい曲が何曲も入っているアメリカのミュージカルである。ストーリーは発明家の主人公が発明した意志を持つ・空飛ぶ車でそこかしこを旅するというものである。空飛ぶ車は今から50年もすれば作り出せるかもしれないが意志を持つ車は永遠に無理だろうと思った。映画館では弟と一緒に売店で出来立てのポップコーンを買って食べながら映画を見た。映画を見たのは中学に入ってから2本目である。もう1本は小学校の同級生で私立の土佐中学に通っている和田君と一緒にダスチン・ホフマンとキャサリンロス主演の「卒業」を見に行っていた。この映画でサイモンとガーファンクルの美しいメロディーに乗って映し出される今時ののアメリカ社会の贅沢な退廃ぶりをを見て、もう少し健康でだいぶん貧乏な日本の社会もやがてこうなるのだろうかと中学生なりに思った。弟は映画館で映画のストーリー説明や各シーンの写真の入ったパンフレットを200円で買い求めていた。このパンフレットは絵の材料になるかもしれないので僕も買っておけばよかったと後から思った。10:00開演の映画が12:00前に終わって家に帰った。母がお昼を作ってくれている間に庭に出て木刀で素振りをした。庭に巻き藁を立ててもらっていたので素振りだけでなく実際に打ち込むこともできた。剣道部に入部してから家では暇を見つけて木刀の素振りをしてきた。木刀の素振りは肩が凝るが竹刀捌きは格段に速くなるからである。竹刀捌きにスピードがあると相手から1本取る時間的余裕がコンマ1秒できる。お昼は母が腕によりをかけて作った掛うどんを弟と母と3人で食べた。母は仕事が休みの時は家で片付けものをしたり、日頃できないことをしていた。母はほとんどテレビを見たり本を読んだりすることのない人で時間があれば自室でヨガのような体操をしている。昼食を済まして弟と一緒に3階に上がり、炬燵でロケット型のラジオを聞いてみた。ラジオでは歌謡曲が流れており、ピンキーとキラーズの「恋の季節」がオリコン1位で流れていた。弟は買ってきたパンフレットを大事そうにシートブックに収めていた。弟と僕の共有の部屋は8畳は裕にあるが僕の持ち物は剣道の防具だけなのに比べ、弟は押し入れの中などにいくつもの機材や道具を持っていた。父のアトリエを覗くと和紙の練習用紙に竹林の水墨画の絵が描かれていた。父のアトリエも最近は和風になってきた。部屋の奥にはご本尊様を祀ったかなり立派な仏壇があり、座り机と座椅子があるといった風情で、イーゼルやキャンバスは部屋の片隅に追いやられていた。父は朝から中水道にある寺院にお題目を上げに出かけている。父はそのうち和服を着だすかもしれないと思った。和服では車の運転が大変かもしれないが。午後は冬休みの課題のワークブックを完成させ、3学期にある期末テストの範囲をチェックした。今年は剣道の腕前が少しは上がりますように。

お知らせ

遅いパソコンのスピードアップ!!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる