奇形15

新しい年が始まってから今日で13日になる。仕事はまだ来ていないが、準備は始めている。昨日パソコンのメンテナンスとして、CPUクーラーの交換を行った。このCPUの交換は去年はうまくいかなかったので2度目のトライである。中古で販売にかけたいパソコンであるが、CPUの温度がアイドル時で60℃程度もあるので温度を下げたかったからである。当のパソコンは所有しているパソコンの中で最も性能の良いものである。ケースはシルバーストーンのキューブ型、AsusのマザーボードP8P67-M,CPUはIntelのCorei 7 2600K,Memory DDR3 1600,SSD Intel 120G×2(Raid構成),Video Board Radeon HD6850,OS Windows10という構成で、Windows Experienceのスコアは7.7というパソコンである。交換するCPUクーラーはクーラーマスターのVortex Plusである。このCPUクーラーは金具を4本のプッシュピンで固定して土台を組み、その上にヒートシンクとファンを乗せて金具で固定する。この金具は片方がフックでもう片方はネジ止めするようになっている。前回上手くいかなかったのはフックを土台にかけないでネジを廻していたのが原因であった。金具は屈折しており、てこの原理で土台にしっかりと押さえつけられる仕組みになっていた。パソコンを起動してBIOSでCPUの温度を確認すると27℃、パソコンを使用後では47℃であった。リテールファンと違い、ヒートパイプがついているのでアイドル時の温度が十分使えるところまで下がった。今年中に販売にかけたいものである。パソコン整備士の1級の受験も仕事の準備として考えている。2,3級はいずれも1回で通っているが、1級の試験は2,3級とは違っている。2級と3級はテキストから8割が出題され、7割できると合格になる。対して1級はテキストから7割が出題されるが、8割取れないと通らない。2,3級とは逆になっている。テキストの斜め読みでは7割しか取れない。パソコン整備士協会からメルマガと機関紙が届いているので読み込めば試験に通るのであろうか。試験の範囲が明示されていない試験に通るには準備が難しい。2016年も期待して仕事を待っている。

 

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ