胃にいい生活72

今日は晴れている。高知でも幾分気温は低くて寒いが、関東に寒波が訪れ、テレビには試験場へと向かう受験生たちが雪の中をコートの襟を立てて歩いている。2013年は史上6番目に気温が高かったということだが、地球温暖化説を裏付ける言い訳であろうか。昨日、友人から電話があって、仕事や生活状況について話をしていた。最近自炊をしている。近所のスーパーの惣菜だけでは栄養が偏るし、胃にいいものが食べられないからである。味噌汁はマルコメの「料亭の味」という名のだし入り味噌を使っている。大根など野菜を適当に切って、煮る。煮あがったら、この味噌を適量溶かし込む。次に、木綿豆腐を小さく切って、数分煮る。そうするともうプロ級の味の味噌汁が出来上がっている。このだし入り味噌は味が万人好みに仕上がっている。自炊をしていて思うことは何とも便利な世の中だということである。パソコンで見られる料理のレシピ、簡単に手に入る野菜や食品、工夫された調味料、皮むき器、包丁の砥石などを利用すれば、簡単なものなら料理を作るのに何の経験も苦労もいらないからである。世界は便利で快適な生活を指向している。だが、行き詰っている。人口増加の問題、異常気象の問題、戦争の問題、原発の問題など種々の問題が解決の方向に向かっていない。世界を支配しているのは物質主義である。現在の資本主義も共産主義も物質主義の色調を色濃く帯びているといってよいと思う。やはり、アメリカが世界をリードしているからである。物質主義の欠点、あるいは長所は心無い方向に向かうことである。心無い資本主義は倫理レベルの低下に歯止めがかからない。節操がなく、公共性を欠いた企業戦略、国家戦略などである。世界の行き詰まりを打開する一つの方向性は心ある資本主義だと考えられる。胃にいい生活は心ある資本主義を指向する。

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ