胃にいい生活67

2014年に入って1週間がたつ。気温もそれほど低くなく、穏やかなお正月が続いている。時期的に今年度の課題などが念頭に浮かんでくる。やはり、仕事のことが一番である。去年は仕事らしい仕事ができなかった。今年は仕事の数をこなしたい。仕事上のスキルを確実にしたい。資格を含め、実力アップを図りたい。などである。生活面では健康のため、もう少し体を動かしたい。栄養面でも自炊生活を充実させたい。最近、料理の幅が広がっている。去年一人暮らしを始めて、自炊生活をしだしたが。ご飯を炊いて、スーパーで惣菜を買ってきて食べていた。お昼に五目あんかけラーメンをインスタントで作ったり、焼き飯や卵焼きを作っていただけであった。先日、農協に勤めていたころいただいた50倍濃縮のカツオだしのサンプルを使って、白菜と豆腐の卵とじを作ったところ、意外にお店の味が出て、料理の制作意欲が出てきた。この頃では、ナスや大根の煮物や各種味噌汁も自分で作るに至っている。料理を自分で作りたいと思うのは、近所のスーパーの惣菜の種類が少ないということもあるが、胃にやさしいものを食べたいからである。僕にとって、胃にいい生活が生活の基本である。食生活において胃を大事にするだけでなく、無理をせず、ストレスの軽減を図っていく。胃に負担をかけない様々な配慮をする。夏目漱石氏はストレスと無理がたたって、胃病が一生病となった。胃を悪くするといかに大変かをものがったている。

今年も胃にいい生活をしていこう。胃にいい生活は自分らしい生活である。

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ