胃にいい生活48

台風17号が通過中で強い風を伴う雷雨がコンクリートをたたいている。いつも顧客を待って部屋で待機しているが、午後六時を回るとあきらめてワインを口にすることもある。チタンのマグカップにチリ産のワインを1合ほど入れて飲む。酒は百薬の長と言われるが、事に赤ワインは体にいい。食欲を増進させ、心身をリラックスさせる。酒はいろいろな種類があるがアルコールの度数がそれぞれ違う。ビールは5度、ワインは10度、日本酒は15度、ウィスキーは35度、ウォッカ・ジンは40度といったところである。ウォッカやジンは無色透明の薬品のような酒だが、カクテルのベースに使われる。カクテルは甘く飲みやすいように味がつけてあるので酒量が進みがちだが、酒に弱い人は2,3杯で足に来るほど酔いが回る。酒は程よく飲めばストレスの軽減に役立つが、飲み過ぎるとストレスを増大させる。職業によっては酒や薬を1時的なストレスの除去に使う場合がある。大麻やいわゆるドラッグで音楽の仕事をする。昔、機械が導入されていないころのアメリカのサトウキビ畑の農場では夏の暑い盛りなど重労働をやり過ごすためにウィスキーをラッパ飲みしながら作業をしていた。酒は飲み方次第である。酒はとにかく、顧客がないと仕事ができない。世の中にはワークアホリックにかかっている人も多いのに。ワークアホリックとは仕事中毒のことである。用もないのに休みの日に仕事に出かけるような人のことである。このよう人はストレスからいつまでも逃走しようとしている人である。ストレスはとらなければなくならない。休養するしかないのである。胃にいい生活は栄養と休養を十分にとる。

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ