胃にいい生活30

暑さは続いている。あまり騒がれていないが、数日前から日米間でTPPの交渉が行われると聞いている。僕が気になるのは農業問題である。コメなどの関税が廃止されると日本の農業は立ち行かなくなるからである。僕は5月まで農協で臨時職員を務めていたが、当時農協はTPPの交渉に参加するという政府に対して激しくブーイングを行っていた。交渉で関税が残されて、とりあえず救われたとしても、日本の農業の未来が明るくなるわけではない。いずれ競争にさらされるだろう。農業は国にとって重要な産業である。食料を自給することが大切なだけでなく、都市化されていく風景に自然の田園は欠かすことができないからである。日本の農業技術は進んでいる。しかし、農業に従事しようという若者は少ない。子供の意識調査でも農業は人気がない。農業に対するイメージがよくないのだと思う。イメージを変えるためにはいいイメージをデザインして宣伝しなければならない。例えば、スマートな作業服を着て、おしゃれな農機具を操作するなどである。都市化された空間に緑の田園風景が広がり、気の利いた服装をした若者がスポーティーな機械を運転している。胃にいい光景ではないだろうか。

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ