胃にいい生活18

梅雨明けからずっと暑い日が続いている。暑さ対策を十分しているので夏バテはしていない。胃が弱ることもないので、お昼ご飯もちゃんと食べている。時々お昼ご飯に焼き飯を作る。まず、卵2個を容器に入れてかき混ぜる。次に、フライパンに多めの油を入れて温める。温まったら、容器の卵を入れ、半熟になるまでほぐしながら加熱する。半熟になったら、用意したご飯の半分を入れ、ウェイパーを大さじに七文目ほどご飯にまぶして、かきまぜたり、煽ったりする。ウェイパーがご飯全体になじんだら、残りの半分のごはんを入れ、かきまぜたり煽ったりする。次に、細かく刻んだネギを一掴み入れ、ご飯全体にからむようにかきまぜ、煽る。こうして黄色い卵に、ネギの緑の色合いが鮮やかで、おいしそうな焼き飯が出来上がる。仕上がりはぱらっとしていて、ウェイパーがお店の味を出している。仕上がりがぱらっとしているのは具材が卵とネギだけなので、ご飯に水分があまり出ないからである。ウェイパーは中華の調味料で、うまく使えばお店の味が出せる。焼き飯はあまり胃にいい食べ物とは言えないが、夏の暑い時期に食べられるのはありがたいことである。夏はそばとかソーメンなど食べやすく、消化の良いものを食べるのも胃にいいことだと思う。

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ