胃にいい生活17

最近、食前に赤ワインを飲むことがある。南米のチリ産のワインである。ワインの容器は紙でできていて、そのままワインサーバーとして使える。ビニールの取っ手が付いているので持ち運びができ、ワインの保存性もいい。3リットルが1500円と安いので経済的な負担も少ないし、容器が紙なので飲み終わったらそのままゴミに出せる。なぜ、赤ワインを飲みだしたのか。酒にはアルコール分が含まれる。ワインは比較的アルコール度数の高い酒で、僕の飲んでいるものは12度である。アルコールは刺激物なので胃にはあまり良くない。しかし、アルコールには気分をリラックスさせるという、胃にいい効果も期待できる。酒の中でも赤ワインは体にいい飲み物として知られている。ポリフェノールとかタンニン等の成分が体にいいとされているからである。タンニンというのは渋味のもとであるが、ワインによっては多く含まれるものもある。ポリフェノールもタンニンも共に抗がん効果と美肌効果が報告されている。がんにかかりにくいというのは魅力である。また、膚という字は昔の人が作り出したものであるが、胃と肌が関係があるかのような印象を受けるのは興味深い。胃がいい人は肌がきれい。だとすれば、赤ワインは胃にいいことになる。

ワインの容器
ワインの容器

高知市近郊出張いたします!

高知市・須崎市・安芸市・南国市

インストール・再インストール

Windows7 or Windows8.1

Windows10へのバージョンアップ