胃にいい生活5

梅雨明けから猛暑が続いている。まだ7月の半ばにもなっていないのに、34度とか35度まで気温が上がっていて、世間では1日をやり過ごすのが大変のようだ。このような状況は当然のことながら胃によくない。日頃から胃を大事にしていない人はなおさらである。食欲がない時はソーメンとかお粥など消化の良いものを食べるのは、胃にやさしく、よいことである。反対に、お茶漬けなどをかきこむと、更に胃の状態が悪くなり、一層食欲を失って悪循環に陥るのでよしたほうがいい。暴飲暴食などは論外である。今のような猛暑の状況の中で胃にいい生活を送るためのポイントを考えてみる。まず、冷房器具などを使って気温を調節することが一番大事である。気温が高すぎる状況の中で過ごすことはどのみち胃によくない。何らかの事情で戸外に出て、高温にさらされる時必要なことは、汗をきれいにふき取り、胃にやさしい飲み物、例えば適度に冷やしたお茶などで水分を補給することである。こう考えてみると、誰もが胃にいい生活を送るためには、社会のシステムの色々な部分を整備していかなければならないことが次々と思い起こされる。

旧いパソコンが蘇る!

性能が低いHDDからSSHDやSSDに

ディスクのクローンで丸ごと引っ越し

OSの起動スピードが速くなる

インターネットのブラウジングが速くなる